ツイてる人の脳科学と超能力

ラッキー波動とハッピー超能力で充実の右脳六感ライフ

何かと幸運開発関連の多くの書籍で話題の「引き寄せの法則」ですが、あなたは実際にそんな経験がありますでしょうか。私には振り返ればそんな毎日でした。私は今まで「お金がない」と思いながら生きてきました。やはりそうした50年にもなる人生で、一度も「お金持ちになれた」と感じたことはありません。それで「やはりお金がない」と考え続けてしまう負のスパイラルでした。今、こうしてこのブログのこの記事の文章にしたこれがまさに引き寄せの法則ですよね。寄せてきた結果として「負」ですが、ここからの人生を「正」にしたいものです。

それらの書籍にも書いているように、「お金がない」という現実言葉に引き寄せられるとしたら、「お金がある」という願望に強引でも変更しないといけません。無いものには「無い」が近寄ってくるし、有るものには「有る」が近寄ってきます。なので、実際にそうでなくても「幸せすぎる毎日だよ」と、頭にそう思い込ませて実際に口から言葉にして発しれば何かが好転し始めるかもしれません。どうせリアルな生活が良くないものだったらダメ元でやってみましょう。

そういえば正直者は馬鹿をみるという言葉を思い出しました。貧しい現実を「貧乏」だと正直に認めながら日々を過ごしていく毎日が好転化のない繰り返しだということだということです。人生の軌道修正には「実際には嘘」であっても「良い目標」を明確に脳内に浮かべて、俳優さんのように行動やトークも演技して生きていくことで少しづつ人生の線路のジョイントが、今のダメダメ路線からガッチャンガッチャンと音をたてて切り替わっていき、どんどんリッチな良い駅に留まりながら人生の最高の終着駅を目指して走っていくのです。もともと通るはずのなかった良い駅を過ぎるたびにどんどん自分の人生が裕福になっていくのです。自分の「役」をしっかり演じることで、その演技の成果に見合った報酬が天からもらえるのです。しっかりキャッチしましょう。

負と正の引き寄せがあるということが明確になったことで、その存在もはっきりしました。現状、食事も毎日3回取っていますし、会社も日曜日にはちゃんと休めていますし、家族も自分も大きなトラブルもなく大きな病気もなく過ごしています。冷暖房のある部屋でぐっすり寝れるし、古くても私は車も持っています。そんなに豪華でなくても普通レベルの一般的な生活ができているのです。ある意味、それで十分な幸福ではないでしょうか。今日から「現在幸福絶賛進行中」だと自分に言い聞かせます。そうすれば、もっと幸せなことが寄ってくるでしょう。類は友を呼ぶのです。




 

いろんな本を読んでいると宇宙にある自分の希望する結果が存在する「チャンネル」にイメージを合わせるみたいなことが書いてあった。未来のことであっても宇宙から見ればすでに結果として存在しているものだという考えだ。未来型過去系というのだろうか。もし、これが実際に可能であるのであれば、具体的に何をしたらいいのだろう。

私のようにすぐにお金持ちになりたい人間 にとって、浅い考えの中からすぐに浮かぶのはギャンブルや宝くじ。例えば、ナンバーズ3などのような明日にすぐ結果が判明するようなものが簡単にイメージしやすい。頭の中にウェブでの明日の当選結果が掲載されている「みずほ銀行」の宝くじの当選番号の画像が脳内に浮かんで見えてしまえばいいのだ。ナンバーズの当選結果の存在する宇宙チャンネルに焦点を合わせることに注力することだ。

それには具体的な設定をしないと正しい答えが表示されないので注意だ。どんな宝くじで、いつの抽選のものなのかが設定である。そして、その先にある正しい回答が求める結果である。例えば、設定条件は下記のようになる。

  1. ナンバーズ3と種類が明示されている映像
  2. 明日の日付が明示されている映像
  3. 正しい当選結果の数字の映像


このように設定として以下の文言が脳内にイメージできればいい。初めからどんどん頭の脳内にイメージが浮かんでビシバシとナンバーズ3を当て続けるなんて不可能だろうから、めげずにひたすら精度アップを目論んでイメージアップ作業を続けることだ。
  1. ナンバーズ3
  2. 開催日 2017年1月4日
  3. 当選結果853(仮の数字)

仮にこの数字が正解だとした場合、ナンバーズ3のストレートだけ買って一撃できればいいのだが、超能力ビギナーにはハードルが高すぎであるので念のために保険でボックスも同時に購入しておこう。

ここで大事なのは「自分の心」と会話をしてはダメである。心に浮かぶ言葉たちはいろんな雑念の塊である。自分の経験上だけのデータベースを参照しながら飛び出す言葉たちは、あくまで経験したことだけの情報という狭い範囲からピックされた想像上で想定のものであるから、全く真実の正しい結果とイコールではない。例えば、自分の内面の不安からくる「でも、、、」や「もしかして、、、」という気持ちなんかはかえってどんどん迷うだけで何の解決にもならないし、そんな考えを検討している時間が無駄である。ただひたすら、当選した正しい数字はどれだ?と自分の内面で生きている「弱虫な自分という悪魔」をなだめすかして、「当選結果を見せてください」と自神さまに祈るのだ。静かに目を閉じて瞑想しながら必死でその神の声に耳を傾けるのだ。


どうでしたか?
ナンバーズ3は当たりましたか?


 


マインドフルネス瞑想


 1日45分のマインドフルネスをやった人の脳の変化を見ると海馬の一部は増えて、新しいことを身につけるときの脳の変化に匹敵するらしい。 不安やストレスへの過剰な反応も減る。こうして脳の構造自体が変わっていくそうだ。さらに病気やストレスに関係している遺伝子の活動までも良い効果があると言っている。

 マインドフルネスとは「気づき」「目覚め」
=Mindfulness 

その一瞬に全力を傾けること

五感を使うことが重要で、時間も短くていいし、手軽に始めることが大事。




 

世界が注目する瞑想パワー


ブッダが言うには、瞑想は心の科学だそうだ。
ただただ、ひたすら呼吸のことだけを考える。
意識して「息を吸い」、意識して「息を吐く」

そうすると、心と体に良い変化が起こる。
ストレスを受けて痩せて細った脳の海馬が復活して太る。
いわゆる記憶力がパワーアップする。

さあ、瞑想で健康を取り戻し、さらには常人を超えて超能力者になろう!
 

このページのトップヘ