ツイてる人の脳科学と超能力

ラッキー波動とハッピー超能力で充実の右脳六感ライフ

18歳のころから止めれず続けている悪い習慣がある。パチンコだ。パチンコで財を成した人間など聞いたことがない。私も御多分に漏れず、心も財布も身分も貧乏である。そんなバカ人生をまっすぐ生きる見た目も貧素な私は、やはりバカな考えしか浮かばない。超能力でパチンコで勝つ方法はないものかと。ほとほと自分に愛想が尽きた。しかし、自分を卑下しながらパチンコする動物以下の知能しかない私。

しかし、、、
おかしなことに
急にパチンコで
負けにくくなったのだ。


 どういうことだ?
右脳開発の恩恵か?

 ここで「絶対に負けなくなった」と書きたいところだが、完全に完勝できないのが正直なところ。いままで、台に座るのは適当に何の考えもなく座っていた。だが、この右脳開発中の私は、自分を実験台にしているのである。もっと詳しく書いてみよう。まず、台に座る前にどの台が当たりがすぐ出るかイメージをしてみようと思った。最近、なんとなくわかってきたのだが、出る台が「私を呼んでいる」気がしている。目を閉じて周辺のたくさん並んでいるパチンコ台を頭に描くと、当たり台から出る金色のオーラが何となくボンヤリ見えたりする。実際に600円以内で当たるのだ。それが1日に最初に1回、トータル3回連続であったのだ。なんとなく、自分が超能力者になりかけている気がしてきた。この1日に1回でも当たりをひくことが、その日の収支でどれだけ負けにくくなっているか、プレイした人間でないと分からないだろうな。

しかし、常に見えないから困ったものである。ちょっと映像を見間違えて負けることも多い。この念写のようなイメージング作業もけっこう疲れるので、めんどくさくなって適当に座るとやっぱり負ける。

これは訓練を続けるしかない!と、誓ったのである。


 

最初に、、、このブログを始めた理由。

長年の会社生活で、A型人間の脳にプログラムしてある基本OS、あの悪い部分である、あの心の闇。面倒なことは避けて生きようとする行動プログラムが前面に出てしまい、すっかり怠けくせが身に染みついて取れません。とうとう社長も我慢の限界から降格させられてしまった2年前。退職を考えていろいろ情報を集めては転職先を模索。

しかし、50歳近くの男に自分に都合が良く、さらに運の良いことなど起こりはしない。その転職よりも自分の人間的な付加価値が高くなければ、どこへ転職しようが同じ事がひたすら繰り返されるだけだ。まず、人並みに性能をアップしないといけない。仕事に対するやる気や人間関係で円滑にしようという前向きな考え、いかなる場面でも率先して自分を差し出して無料でも使って頂く、腰の低い姿勢。

社会情勢やマナーなどの人間を「普通」レベルに持ち上げる努力を始めてみた。まずは、ひたすら読書で 様々な身の回りの「当たり前」を習得したい。そんなある日、どうやら自分は長年の「考えない生き方」によって脳が腐って記憶障害のようになっているのだと気づいた。さっき新しく出会ったばかりの人の名前が全く思い出せないし、昨日のことが半分も思い出せない、ひどいものだ。

まずは、自分の脳を一般レベルにまで活性化させて「普通」の人間になりたい。 ということで、その関連書籍をひたすら買って読んだ。そんな中、こういった自堕落な人間は右脳を活性化すればいいという記事が多いことに気づいたのだ。ガンダムに出てくるアムロ少年のあのニュータイプとやらか?

 なんでもいいさ、今よりも人さまに迷惑をかけず、家族を落胆させず、少しは尊敬されるオッサンになれるのであれば、一刻も早く右脳を開花させてニュータイプでも化け物でも何にでもなってやるさ。

このページのトップヘ