ツイてる人の脳科学と超能力

ラッキー波動とハッピー超能力で充実の右脳六感ライフ

2017年01月

PlayStation VRのサブタイトルが・・・
なんと「全ての夢が『現実』になる」でしたね笑

自力で無理ならマシンの力を借りてみるか・・・ボソ

 

PlayStation VR
2016年10月13日(木)に発売



しあわせ荘の管理人さん。
地方都市“華咲市”のマンション“しあわせ荘”の管理人さんとなって、世間知らずなお嬢様、ハーフの女子高生モデル、オタク系女子大生、といった個性豊かな美しい住人たちとの恋を育むPS VR対応アドベンチャー。
2107年冬の発売まで待たれよ・・・

もっとアダルト向けのタイトルも欲しいっすねwww

 


ソルフェジオ周波数

潜在意識に働きかけ、能力開発や成功脳の構築、さらに体の細胞(DNA)の再生、回復などが、この動画を見る(音源を聴く)ことによって期待できます。

  • 174Hz ⇒ 意識の拡大と進化のための安定した基礎を整える
  • 396Hz ⇒ 罪・トラウマ・恐怖からの解放
  • 417Hz ⇒ マイナスな状況からの回復、変容の促進
  • 528Hz ⇒ 理想への変換、奇跡、細胞の回復
  • 639Hz ⇒ 人とのつながり、関係の修復
  • 741Hz ⇒ 表現力の向上、問題の解決
  • 852Hz ⇒ 直感力の覚醒、目覚め
  • 963Hz ⇒ 高次元、宇宙意識とつながる




852Hz | Transform Cells to Higher Energy Systems in Sleep
Solfeggio Sleep Meditation Music



 
高次元・宇宙意識へと繋がる963HZ〜自己意識への超越〜


 

歴史の教科書に登場する吉田松陰をご存知ですよね。明治維新の精神的指導者・理論者・倒幕論者として知られ、当時の多くの若者に思想的影響を与えた彼がとても良いことを言っています。


  1. 夢なき者に理想なし
  2. 理想なき者に計画なし
  3. 計画なき者に実行なし
  4. 実行なき者に成功なし
  5. 故に、夢なき者に成功なし

 
これはまさにアレですやん。私が必死になって実現しようとしている引き寄せの法則も、その夢(目標)自体がなければ何も始まりはしないのである。その引き寄せの法則の成功プロセスを明らかにした幕末の先人がいたのであった。驚きである。このように、夢や希望は勝手に向こうからやってきはしない。まずは、ステップ1だ。夢や希望を宣言することで自分のいる方向に向けることができる。そうして、段階的にこの5ステップを着実にクリアしていくと、目標を達成できる人物に近づいていくのだ。こうして、思考は現実化していくのだ。希望を紙に書いて祈ったり念じただけでは、翌朝起きたらベッドの横に大きな金額のキャッシュがポンと置いてあるわけではないのである。



さあ、夢の引き寄せを始めましょう!
  1. まず、「夢」(=目標)とは?
  2. そのための計画を書き出す
  3. どう実行するかできるだけ小さく分解して書く
  4. それら1つ達成ごとに記録していく
  5. 最終のゴール達成で「完了」と明記する


吉田松陰とは、文政13年(1830年)8月4日、長州藩士・杉百合之助の次男として生まれる。老中暗殺計画である間部要撃策を自ら進んで告白してしまい、安政6年(1859年)10月27日、伝馬町牢屋敷にて斬首刑に処された。享年30(満29歳没)


関連記事>>>

お金持ちの行動学について考えてみました。我が社の社長もそこそこ金持ちです。家はデカイし、家族全員が外車を所有。そんなお金を使った後の話はさておき、社長はいつも考えています。そして動きます。いつもと同じようにしていることを呑気だと叱り、無防備だと唱え、自滅への道だと語り、人の闇の部分だと伝えています。社長を横から見ていると、「今より良くなることってどんな行動をしたらいいのか?」と、毎日の自問自答の人生であります。 

今より良くなることとは、生活基盤である自分の会社のことであります。
具体的には毎日こんなことを考えているようです。
  • 社員の問題は起こってないか?
  • ちゃんと社員に来月も給与を払えるか?
  • お客さんから不満が出ていないか?
  • 売り上げは下がっていないか?
  • 品質を落とさないよう設備に故障はないか?
  • もっと効率アップできる新しい機器はないか?
  • もっと売り上げを上げる新しい事業や商品はできないか?

さらに、自分のベンツを買い換えるにはいつにしようか?(笑)

 
苦しみもあれば楽しみもないと人生は辛いもの。自分へのご褒美の用意もしっかりしています。それくらい、全て計画的に事を考えて行動しています。さて、自分は同じことができるでしょうか?

いつも同じように変わらない事を平穏無事という綺麗な言葉に置き換えても、何もしないのは平穏無事にすまないというものだそうです。保持=キープするための苦労を伴う努力が必須だそうです。何かをすれば、自然に何らかの変化が生まれます。変化とは現状から良くなること、悪くなることも含まれています。


 

このページのトップヘ